ルテインを含む飲料の選び方

 

ルテインは瞳にも存在している成分です。抗酸化作用が非常に強く、光を見ることによるダメージを緩和する力にも優れていると言われています。特にブルーライトと呼ばれる、スマートフォンやテレビ、パソコンなどから発せられるダメージ力の強い光に触れる機会が多い人にとっては、目の健康を守るために積極的に摂取したい成分です。これは特に緑黄色野菜に豊富に含まれている成分です。そのため、そうした食材から摂取する、あるいはサプリメントで摂取すると言うのがおすすめです。これ以外にも、飲料で摂取すると言う方法も挙げられます。ルテインが含まれた飲料の選び方としては、まずは含有量が挙げられます。この成分を、眼病予防を目的として摂取する場合、1日あたり6ミリグラムから12ミリグラム程度が目安とされています。ですから少なくとも、その目安の最小値である6ミリグラムは満たすものを選ぶべきです。またカプセル状になっていて、水などで飲みこむサプリメントとは異なり、飲料の場合は味も重要です。毎日、飲み続けることができるような味付けであること、それを確認するために、実際の商品を試飲してから選んだ方が良いです。しかし、飲みやすさや味を重視するあまり、大量の砂糖が使用されていたり、不自然な味付けがされているものは避けるべきです。ルテインが豊富に含まれている食材をふまえた上で、それに近い味のものを選ぶのがおすすめです。

 

ルテイン

 

ブルーライトメガネとゼアキサンチン

 

昔は長時間パソコンや携帯の画面を見てもなんともなかったんです。
目が疲れたと感じることはなかったし、渇くこともありませんでした。
しかし加齢のせいでしょうか、ちょっとパソコンをやり過ぎたと思ったらすぐに目が痛くなってしまうのです。
パソコンを使わないと言う選択ができないので、目の疲れを軽減するためにブルーライトメガネと、そしてゼアキサンチンのサプリを飲むことにしました。
ブルーライトはパソコンや携帯画面のライトによる負担を減らしてくれますし、ゼアキサンチンは目の内側から疲れを取ってくれます。
網膜の中心にある黄班という部分に存在する成分だそうです。
たしかに目の疲れが軽くなったような気がしますね。

 

 

ドライアイの主な症状

 

 

ドライアイの主な症状というのはどういったものになるのでしょうか。
風や煙がやたらと目にしみたり、光が眩しく感じたり、冷房の効いた室内で物が見づらい…
などといった様々な症状が出るようになります。

 

そして雨の日などの湿度の高い日には症状が楽になることが多いです。
単にドライアイとはいっても目の水分量が単に足りていないだけではありません。

 

涙の成分というのは水分と脂分との2つの種類があります。
油分は聞いたことがない方も多いとは思いますが、目の表面というのは水の層があります。

 

そして、その上に油の層が乗っていることによって水の蒸発を効果的に防ぐことができるのです。
また、ドライアイとはいってもその程度は様々あります。

 

軽いドライアイの場合には涙量は少なくなるのですが、そこまで生活に支障はありません。
しかし、重症になってきてしまうと、刺激分泌も少なくなります。

 

ドライアイの中には涙を作っている涙腺以外の組織まで破壊されてしまうシェーグレン症候群という病気もよく知られています。
この重篤なドライアイの場合には口や鼻にまで異常が出るようになってしまいますので、ドライアイが少しでも軽いうちに改善するようにしなければなりません。

 

そのことを是非覚えておいてくださいね。

 

生殖機能改善に効果的なマカサプリと活用方法

 

様々な栄養素が入っているマカを摂取するならばサプリメントを利用するとよいです。
マカサプリならば、毎日飲むだけなので誰でも続けやすいものといえます。
マカサプリを活用することにより、生殖機能を改善させることができます。
マカの効果により、ホルモンバランスを整えることができます。生殖機能が低下する原因の一つとしてホルモンバランスの乱れがあります。
生殖機能を改善させる効果は、男女ともにあるので活用しやすいものといえます。
マカサプリもいろいろあるので、成分などを比較して利用しやすいものを選ぶとよいです。
ただし、サプリメントだけに頼り過ぎてはいけません。様々な効果をあるものですが、それは規則正しい生活をすることで発揮されるものです。
ストレスをためないことはもちろんのこと、食事内容を変えるなど生活そのものを見直すことにより活用しやすくなります。
機能が低下してしまったということが、ストレスになっていることもあるのでまずはしっかりと睡眠をとるとよいです。
ストレスが多い状態になると、不眠症など睡眠に関係する症状が出ることが多いからです。
マカサプリを飲んで、健康的に過ごすことにより体調が改善されていくものです。

 

不妊治療中の葉酸サプリの飲み合わせ

不妊治療中の葉酸サプリの飲み合わせ

 

不妊治療中に気をつけたい飲み合わせとしては葉酸サプリのようにビタミンやミネラルが含まれているものではなく、女性ホルモンに似た構造の物質が含まれているサプリメントです。これらを飲んでいるとホルモンの値を計測するときに正確な数値が測れないので不妊治療中にはイソフラボンなどを含んだサプリメントとの飲み合わせに注意をしなければなりません。葉酸サプリは主成分が葉酸で、ほとんどの場合はビタミンやミネラルが配合されているものなので飲み合わせの心配はありません。葉酸サプリの中には美容成分が配合されている場合がありますが、この中にイソフラボンなどの成分が配合されている場合には医師に相談をしてから飲むことが重要です。葉酸サプリは安全性が高いサプリメントなので不妊治療中でも飲むことができますが、様々な成分が含まれているサプリメントの場合は念の為に医師や薬剤師に相談をしてから飲むことで安全性を確保することができます。サプリメントは健康食品に分類されているので、副作用はほとんどありませんが、小麦アレルギーなどを持っている人の場合には錠剤の材料として使われている成分に反応してしまうことがあります。その場合はハードカプセルのサプリメントを飲むようにすることで、対処をすることができます。

» 続きを読む

  • 2016/01/07 02:32:07

睡眠が足りないと体の疲れが取れない

睡眠が足りないと体の疲れが取れない

 

睡眠時間は3時間あれば大丈夫っていう人もいます。
でも、私は6時間くらい寝ないと、体の疲れが取れません。
3時間で毎日過ごしていたら、イライラするようになってしまうと思います。
人によって、快適な睡眠時間っていうのは違うと思います。
3時間で快適な人と、6時間取らないと快適にならない人では、やっぱり行動時間に大きな差が出てきますよね。
やはり体力があんまりない人は、3時間で元気になってしまう人と一緒に生活していると、疲れてしまうだろうなって思いました。
お風呂に入って疲れを取るという方法もありますが、それ以上に、やっぱり寝ることが大事だと思います。
私は長時間寝ないとダメなので、短時間睡眠の人と行動を一緒にしていると、体力に限界が来てしまうと思います。
短時間で良い人は、長時間寝ないとダメっていう人の気持ちがわかっていない可能性もあります。
お互いにそういう感覚のずれを感じたまま暮らしていると、夫婦喧嘩の原因なんかにもなってしまいますね。
やっぱり夫婦は、ある程度生活のリズムが一緒の人の方が上手く行くのかなって思いました。
片方と生活リズムがずれてしまうと、すれ違いになってしまうことも多いと思いますからね。

» 続きを読む

  • 2015/07/28 18:42:28

睡眠の質が大事

睡眠の質が大事

 

例え睡眠時間が短くても、質が良ければ、体はすっきりするそうです。
やはり睡眠の質というのが、重要みたいですね。
私も子供を産んでから、自分の時間がロクに取れずにすごく苦労したことがありました。
やはり睡眠不足になってしまった時期は、少しのことでイライラしてしまったり、自分でも自己嫌悪になることがありました。
育児をしていると、それだけ睡眠時間も削られてしまいます。
自分はこれまでも、あんまり子供が好きではなかったので、睡眠不足になってしまった時には、もう嫌になってしまいました。
旦那さんは、母乳をあげないので良いので、夜中に起きなくても良いですが。
やっぱり深く寝ている時に、子供に母乳が欲しいと起こされてしまうのは、想像以上に苦しかったです。
私は寝るのが好きだったので、やっぱり途中で起こされるのがきつかったです。
しかも夜中に起こされるのは、一回だけではなく、2回や3回と多かったので、毎日が地獄のように感じました。
それでも数か月もすると、赤ちゃんが大きくなって、どんどんと楽になってきました。
やっぱり育児っていうのは、最初の数年が一番大変だなって思いました。
子供のおむつが取れると、かなり楽になりますよね。

» 続きを読む

  • 2015/07/08 15:00:08

男性ホルモンが多い人は前立腺がんの可能性が高い!?

男性ホルモンが多い人は前立腺がんの可能性が高い!?

 

男性ホルモンが少なすぎて、草食男子過ぎるのも嫌ですが、男性ホルモンが多すぎると前立腺がんになる可能性も高いようなので、心配になりますね。
女性にとって子宮がんが嫌なように、男性も前立腺がんは非常に不安だと思います。
女性にはない悩みですよね。
おまけに男性ホルモンが少ないと、今度は精子の量や質なんかにも影響が出てくるので不妊にも影響します。
やはり不妊治療になってしまうと、男性ホルモンの存在も大切になってきますので重要ですよね。
特に性欲という意味では、非常に大きな影響力があるので、なかなか子供が授かれない夫婦には改善の余地があります。
子供が欲しくても、セックスレスで子供が授かれない夫婦もいます。
そういう場合、男性の性欲が落ちていることも多く、単なる疲れだけではなく、男性ホルモンが影響している可能性もあります。
どっちにしても疲れがたまっている場合は、なかなか子作りに前向きになれないので、夫婦にとって良い環境ではないですよね。
でも、男性が仕事でヘトヘトになっている時に、女性側だけがやる気満々になっているのも、空しいものです。
やはり夫婦二人がお互いに波長が合った時でないと、子供っていうのは難しいですね。

» 続きを読む

  • 2015/07/08 15:00:08

女性ホルモンの乱れからニキビ

女性ホルモンの乱れからニキビ

 

女性ホルモンが乱れると、一番わかりやすいのが、肌荒れです。
特にニキビや吹き出物ができやすい人は、女性ホルモンを整えるように生活習慣を意識するのが改善のポイントになります。
ニキビは主に、男性ホルモンの影響も受けますが、女性ホルモンが乱れて、心身のバランスが取れなくなった時などに、出やすくなります。
特にニキビの原因は、ストレスなどの心因的な要素もあるので、やはり改善が難しいです。
ストレス社会で生きている現代人は、誰でも女性ホルモンを崩しやすい環境にあると思います。
生活習慣では、やはり睡眠と食生活が非常に大きく影響しますので睡眠不足にならないように気を付けたり、毎日の食事のバランスを考えるようにするのが大事です。
特に食事の面では、気を付けたいのが冷えです!
女性ホルモンには、冷えが厳禁!
女性は手足が冷えている人が多く、寒い冬の季節でも冷たいものを飲む習慣がある人は、デキるだけ温かい物を飲む習慣をつけるようにしましょう。
体内を温めることが非常に大事になってきますので、飲み物も大事です。
冷たい飲み物は体を冷やして、体の不調を招きます。
健康の基本は、体内を温めることですので、デキるだけ冷たい飲み物は控えるようにしましょう。

» 続きを読む

  • 2015/07/08 14:59:08

疲れ目とブルーベリー

疲れ目とブルーベリー

 

 

目に良い食べ物といえばどのようなものを思い浮かべますか?
やはり、大半の方はブルーベリーと答える方が多いと思います。

 

このブルーベリーの皮に含まれているアントシアニンと呼ばれる紫色の色素が目に良いと言われているのです。
アントシアニンを摂取することで、目の周辺の血行が良くなります。

 

そして、血行が良くなると、目に蓄積している老廃物の排泄が促進されるようになります。
酸素や栄養素が多く運ばれてきますので、目の疲れをしっかりと除去することができるのです。

 

アントシアニンというのはブルーベリーだけでなく紫色の食べ物には多く含まれています。
赤ワインやしそ、黒豆やぶどうといったものもそれに当たります。

 

また、ビタミンAも目に良いと言われています。
ビタミンAはほうれん草、にんじんといった緑黄色野菜だったりバターに多く含まれます。

 

ビタミンAを摂取することで目の乾きを予防したり、目の働きを改善することができるのです。
ビタミンBもおすすめです。

 

うなぎやたまご、さば、大豆といったものに多く含まれるビタミンBは、目の疲れを緩和することができるのです。
以上のような食品を積極的に摂取することによって、疲れ目を効果的に改善することができるのです。

» 続きを読む

  • 2015/07/08 14:58:08